id:pokutuna
Web Developer

なぜ今も Google App Engine を選ぶのか

Google Cloud で何かアプリケーションを動かしたい時、いつも App Engine (GAE) を第一の選択肢として挙げています。

なのにみ〜んな Cloud Run に行ってしまう。なぜなのか??

確かに Cloud Run のほうが新しくて公式に露出が多いし、GAE はこういうランディングページからの言及も消えているので無理もない。Google Cloud 的にもあんまり使って欲しくない雰囲気が漂っている。

cloud.google.com

App Engine は GCP 最初期からあるサービスで今年で 14 年目になるらしい。
当時学生だった僕はすげーのが出たぞと聞いて GAE を触っていた記憶がある。その頃は Google App Engine 単体で出ていて、他のサービスが続いて Google Cloud Platform になったような気がする1

そんな歴史あるサービスだとレガシー感が漂っていそうなものだけど、全くそんなことはない。 2019 年の 2nd gen 化から改めて使ってみたところ、圧倒的に良くなっているし、今も一線で使えるサーバレス実行環境である。 ポートフォリオサイトの https://pokutuna.com/ も GAE だし、仕事でも社内用の小さなアプリケーションから、多少トラフィックのある API サーバーまで GAE でリリースしてきた。

アプリケーション実行環境の選択肢は色々増えたものの、今でも GAE のほうが楽に安くアプリケーションを構築できる状況や要件はよくある。そんな GAE のいいところや GAE が便利な状況について書いておきたい。

静的ファイルを配れる & エッジキャッシュが使える

GAE では、静的ファイルのパスを app.yaml で指定することで静的ファイルを Google のエッジサーバーでキャッシュさせつつ配れる。アプリケーションからのレスポンスでは Cache-Control: public, max-age=3600 などヘッダに含めることでキャッシュさせられる。

アプリケーションの手前にリバースプロキシを置いて静的ファイルを返す構成はよくあるが、GAE は単体でそれ相当のことができる。小規模なアプリケーションでとてもありがたい。手動のキャッシュの破棄はできないが、設定不要の CDN が付いているのに等しい。

GAE がこの機能を持つのは、静的ファイルを返すことは Web アプリケーションの通常のユースケースだからだろう。

どちらも HTTP エンドポイントを実行するサービスだけど、GAE がユーザ向けアプリケーションを公開することに重心を置いているのに対し、Cloud Run はもっと広く Pub/Sub を受けたりジョブを実行したり非同期システムのランタイムを志向しているので、Cloud Run がエッジキャッシュをサポートしていないのもまあ納得できる。

Cloud Run で静的ファイル返したい場合

  • 手前に Cloud Load Balancing を置いて Cloud CDN を有効にする
  • Firebase Hosting で静的ファイルを配りつつ特定のパスを Cloud Run に向ける
  • 別に Cloud Storage に上げて公開して URL を返す
  • 諦めて Cloud Run のアプリケーション内から返す

などが考えられる。

1 つ目の、手前に Load Balancing を置いて Cloud CDN を使うのが素直な構成だと思うけど、Load Balancing を立てているだけで月数十ドルかかる。事業でサービスを公開するなら安いコストだけど、個人開発や社内向けの小さなアプリケーションだと地味に払いたくないコストである。

費用を意識するならコンポーネントは増えるがここだけ Firebase Hosting を使うのが良いと思う。

Identity-Aware Proxy (IAP) が Load Balancing 無しに使える

IAP を使うと、アプリケーションに手を加えず簡単に Google Workspace ドメインや、特定の Google アカウントに対してのみアプリケーションを公開できる。管理画面や、社内用アプリケーションを作る際によく利用する。

Cloud Run や GKE で IAP を使うためには、Cloud Load Balancing が必要なのだけど、GAE だけは単体で IAP を挟むことができる。特に社内向けアプリケーションは、営業時間中にまばらにトラフィックがあるだけなのに LB 立て続けるのはもったいない。GAE すればコストがタダに近くなる。

cloud.google.com

プロジェクトの初めのうちはプロトタイプを IAP かけた GAE で開発しつつ、一般公開前に Cloud Load Balancing を立ててバックエンドサービスに GAE を指定して将来の構成の変更に対応しやすくする、というのもいいでしょう(ちょうど最近やりました)。

今は App Engine にロックインされない

かつては、ローカルの開発時に dev_appserver.py とかいうよくわからんスクリプトを使う必要があったり、外部に HTTP リクエストを送るのに専用の urlfetch ライブラリを使う必要があったり、ライブラリを自由に入れられないので自分でアップロードしてインポートパスを通したりする必要があった。ロックインされるし、開発体験が良くなかった。
昔触ったことある人の GAE への悪印象はだいたいこのあたりから来ていると思う。

2nd gen になってからこれらの制約は無くなった。ふつうに書いた Web アプリケーションがそのまま動く。

1st gen は独自のサンドボックスでユーザのアプリケーションを分離していたのと、ユーザ認証からデータストア、タスクキューまで付いたオールインワンのアプリケーション実行環境として提供されていたのもあって、専用ライブラリを使ってね、としていたのだと思う。

2nd gen では、それら GAE にバンドルされていたサービスは各 Google Cloud プロダクトを利用して実装する形になった2。App Engine 特有の実装も不要になり、脱出も容易、つまり、安心して使えます。

cloud.google.com

ランタイム選択フローチャート

かつてこういう図が公式ドキュメントにあった。

(引用) Which serverless compute platform is right for you? の図

Choosing a Serverless Option  |  Serverless Guide  |  Google Cloud (Internet Archive)

これをたどると、大半のユースケースで App Engine に辿り着かない?

僕はまず GAE で動かせないか検討して、言語がサポートされていないとか、追加で何かインストールしないといけない要件(Image Magick 要るとか)がある場合に Cloud Run を検討する、という感じでやっている。

過去には、やや複雑化してきた Cloud Function を GAE に置き換えたりもした。GAE は 0 台までダウンスケールできるし起動も早いし、新しいバージョンをリリースする際に段階的にトラフィックを移したり、前のバージョンに戻したりも楽ちん。Cloud Run でもよいけど、Cloud Functions で出来ていた程度のもののイメージを管理したくないという判断もあった。Cloud Functions gen2 はガワだけで中身は Cloud Run なので、今なら Run にするかな。

繰り返しになるけど、LB もいらず IAP もかけられるので、GAE はプロトタイプの開発にも向いていると思う。

まとめ

GAE の楽さや安上がりな点について紹介しました。

こんなアプリケーションに集中できるいいプロダクトなのに公式の案内から消えていきつつある!! みんなが GAE でケチりながら激安アプリケーションをホストすると Google が儲からないので隠されているのだと思う。

このエントリで GAE が選択肢に上がるとうれしいです。

App Engine の中心的な考え方であるサーバーレス、サーバー管理不要、イベントドリブン プログラミング、リソースの使用量に応じた料金などは 10 年前から一貫しており、現在も当時と同様に当を得ています。
誕生から 10 年、App Engine の歩みを振り返って | Google Cloud 公式ブログ

これかっこいい、おっしゃる通りです

関連エントリ

blog.pokutuna.com

blog.pokutuna.com


  1. Wikipedia(en) の Google Cloud Platform ページの最初の履歴は 2014 年で、記述を見るたぶん合ってるのではないか https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Google_Cloud_Platform&oldid=602909799
  2. Mail とか Search とか未だに Google Cloud が提供していないものもあるけど...